トリートメントタイプの白髪染め

以前は500円程度で買える安い白髪染めを使っていました。確かによく染まるのですが、頭皮がピリピリ痛くなってしまってすぐに洗い流したこともありました。あとで
わかったことですが、ジアミンという有害な染料が原因だったようです。地肌に悪い成分がたくさん入っているので使うのが怖くなりました。

白髪染めランキングNavi
そこで髪の毛や地肌に優しいトリートメントタイプの白髪染めを使うことにしました。しかし金額もそれなりに高いことも多く、種類もたくさんあるのでどれがいいかわかり
ません。とりあえずスーパーでDHCとシエロのトリートメントタイプを買って比べてみることにしました。DHCは髪の毛には優しいのですが、いまいち染まらない感じでした。
どちらかというとシエロの方が染まりやすいような気がします。価格も1500円程度で、通販で売っているものより半額程度で買えます。いちいち通販で注文するのも正直
面倒だなと思っていたのでシエロが簡単に手に入っていいなと思います。説明にあるように30分の放置時間ではあまり染まらないので、私はもっと長く置いてから染料を
流しています。染料を髪の毛に塗ったあと、ラップをかぶせて数時間放置してからお湯で流すとちょうどいい具合に染まります。これを2週間に1回くらい繰り返すときれい
な色をキープできます。

20年前にて

私は17歳に美容師業界に入って美容室に勤めながら美容師の専門学校へ勤めておりましたが私にとって美容師としての技術が難しいと思ったのは毛染めだとおもいます。
同じ毛染めでも白髪を染めるヘアカラーにて難しいと思ったのは、髪の毛先から根元に至る迄の全てが白髪であれば髪を全体に白髪染めの薬剤を塗布するだけで簡単に出来るのですが、お客さんの大半は常に白髪染めを定期的にしており生えて来た部分を染めてほしい人ばかりです。
技術的には白髪が生えて来た所を先に薬剤を塗布し一旦時間を置いてから根元から薬剤を毛先に馴染ませるのですが当時の私は、まだ駆け出し見習いもあってかこの技術が特に苦手であり一人でお客さんの毛染めをするのが恐かったのを覚えております。
しかし美容師の先輩方からは白髪染めは奥が深く新人の頃から技術の奥深さを考え過ぎない様にすれば、もっと前に進めると聞いたので、少し気持ちを前に出すと思いの他、上手く行きました。
今迄は失敗を恐れで白髪染めの薬剤を分量を決めて混ぜる事も出来て一人でもお客さんの髪を染める事にも慣れてきました。
それからは月に一度は白髪を染めるための研修をする事もあり、家で祖母の白髪染めをしております。

私が白髪染めを続けたい理由

そろそろ10年くらいは白髪染めを続けています。
初めのうちは市販の白髪染め製品を利用して白髪染めをしていましたが、最近は散髪と同時に理容院で白髪染めをしてもらうことの方がずっと多くなってきまし た。このままでずっと白髪染めを続けようと思っていました。しかし、最近ちょっと薄毛の傾向が出てきて白髪染めをこのままずっと続けてもいいのかどうかの 疑問に当たっています。インターネットなどを調べてみても白髪染めが薄毛にとっていいのか悪いのかは議論がたくさんあり、一概には決めつけられないような 感じです。
私の場合には黒に近い色に白髪染めをしているので、大きな髪の毛へのダメージはないとしても、白髪染めをしている以上は髪へのダメージが全くないとは言い切れないでしょう。しかし、まだ数年間は白髪が少ない方が若々しく見えることも確かです。
白髪染めを続けることに関して、髪の毛に負担の少ないと思われるシャンプー形式の白髪染めを利用するべきが悩んでいるところですが、うまくいくのかどうか の不安もないではありません。そろそろ白髪染めからの卒業を考えなければならないのかもしれませんが、もう数年は若く見えるように白髪染めを続けたいので す。

白髪染めをする方法とそれぞれのメリット、デメリット

年齢を重ねてくると加齢が進んでくるので白髪もだんだん目立つようになってきてしまいます。そのため白髪のケアをする事になりますが、ケア方法としては市 販の白髪染めで染める方法と美容室に行って染めてもらう方法があります。どちらで白髪を染めるかは人ぞれぞれですが、どちらの方法でもメリット、デメリッ トがあるのでしっかり確認しておきましょう。

市販の白髪染めで染める方法のメリットは手っ取り早く染める事が出来てしかも即効性があるという事でしょう。また市販の白髪染めは種類が豊富なので自分に 合った白髪染めを見つけやすいというのもメリットになります。しかし自分で染める事になるので染めづらい部分もあり綺麗に染められないという事もありま す。また準備や後片付けをしなければいけないのでその辺りを面倒に感じてしまう人もいます。

美容室に行って染めてもらう方法のメリットは美容師の人に染めてもらう形になるので綺麗に染める事が出来ます。また美容師の人は染め方も上手なので頭皮に 与えるダメージも少なくて済んでしまい肌の弱い人にとってもメリットになります。しかし定期的に通う必要があるので費用がかかってしまうので経済的な面で 考えるとデメリットになってしまいます。